4.駆体工事
屋根スラブ・コンクリート打設
2011年6/10/晴れ

土間の配筋いよいよ本日は屋根スラブと外壁へのコンクリート打設です。

台風2号の影響もなく、工事自体はスケジュールより早いくらいで順調に進んでいます。

1階と2階の床は型枠支保工で養生されています。

土間の打設


1階と2階の床は型枠支保工で養生されています。2階の外枠も出来上がり、スラブも支保工で支えられています。


屋根の配筋のチェックを行っています。
要所要所で、図面を書いた白板とともに撮影して記録しておきます。

今回のコンクリートの打設量は30リューベ。
ミキサー車1台には4.5リューベ入りますから7台が来ます。
いつも通りに要求仕様に合致しているか検査を行います。いつも通り、コンクリートの空気量、スランプ、塩分量などの品質検査を行い、要求仕様通りのコンクリートであるか検査し、責任者と設計管理で確認しあいます。

コンクリート試験の詳しい説明


さて、いよいよコンクリートの打設です。
コンクリートの打設は休みなく行なわれるので皆交代で昼休みを手早く取りながら行ないます。

今回も無事打設は終わりました。

コンクリートが固まり、安定するまで養生されます。一晩で表面は固まってきますが、安定するのには3日程度かかります。

上江洲現場の声

今年は例年に比べて早い梅雨入りでしたが、そればかりか台風も早くやってきました。幸いなことに被害は全くありませんでしたし、梅雨も短かったので工期自体は予定より早く進んでいます。今日のコンクリートの打設も無事終わりましたし、しばらく養生させて次の作業に備えたいと思います。

上江洲総合設計121 上江洲 安邦

©上江洲総合設計121